カテゴリ: ムーシールド

クイックリアー と クリアティ ムーシールド と 共に・・・

7月30日のブログの続きです。

やっと、クイックリアーが 認可が下り

やっと上顎にセットしました。

デーモンと比べると あまり目立ちませんね!!

これで 同じ機能なら こっちのほうがよいですよね!!!!

 

これからが勝負です。

がんばって治しましょう。

 

PICT0025.jpg

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:クイックリアー, クリアティ, ムーシールド, 反対咬合, 矯正

 

頑張っていきましょう!!

  受け口の患者さまです。

6年前に出会っていれば、今はもっと違った結果になっていたでしょう。

そう、ムーシールドをつかていれば...

 

ですが、今からでも遅くはないです。

まず、下顎をムーシールドと装置(クリアティ&スライドエラスティック)でフラットにし

そのあと過剰歯を抜歯し犬歯を前方へ移動させます。

3~6ヶ月後、上顎に装置をつけます。

 

上顎に装置をつけた時に また 写真をお見せしますね。

 

≪正面≫

犬歯の場所に乳犬歯が残り、第一小臼歯の後ろに永久歯の犬歯が生えてきています。

乳犬歯抜歯後、犬歯を前へ移動させていく予定です。

 

 下顎正面.jpg

 

 

 

下顎.jpg

 

 

 右側.jpg左側.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 夜はムーシールドを併用し頑張ってください。

日中も出来る限り使用すると早く治りますよ!!

           ≪ムーシールド装着時≫

ムーシールド.jpg

 

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:クリアティ, ムーシールド, 反対咬合, 矯正

 

反対咬合の早期初期治療(ムーシールド)

今日は朝から

ムーシールド アドバンスセミナー

反対咬合の早期初期治療 シンポジウム

がありました。

普段 3~7歳くらいの受け口(反対咬合)に使用している

ムーシールド(MUH shield)についての セミナーで

全国からムーシールドを積極的に使用している

矯正医が集まり、様々な症例を発表されていました。

 

以前、早期の反対咬合(受け口)治療

永久歯が生えるまで待つというのが

通例でした。

しかし、このムーシールドが登場してからは

治療のスタート時期が早くなり、対象年齢が低くなりました。

 

ムーシールドマウスピース型床矯正装置なので

子供にはおもちゃ感覚で使ってもらえ 効果てきめんなのです。

おしゃぶりのような物 と思って頂ければ結構です。

これを早い時期に使用することにより

悪い方向へ進むのを抑制するのです。

 

下の前歯が出たかみ合わせを、通常の上の前歯が下の前歯を覆った

正常な咬み合わせに戻していきます。 

 

3~7歳というと、本来成長の中で

頭が大きくなるのと連動し、上顎が大きくなる時期ですが、

受け口の子どもの場合、その成長を抑制してしまうのです。

その時期に上顎が成長出来ないと

その後、第二次成長期(身長が伸びる時期)

下顎が前下方へ成長するため、より一層受け口

増悪させてしまいます。

 

その為、早期発見・早期治療

良い骨成長の方向に 簡単な方法で治してあげることが大事なのです。

それには『ムーシールド』 は最適な装置です!

 

 

日付:  カテゴリ:セミナー, ムーシールド, 反対咬合, 矯正

 

たった2か月で治った。

まだ、混合歯列期(永久歯と乳歯が混ざった歯並び)の患者さまで

装置を付けるには、歯が生え揃っておらず

マウスピースタイプの矯正を行っているケースです。

このマウスピースは「ムーシールド」といい

家にいる間、勉強や寝ている時に使用するタイプの矯正です。

非常に簡便で装着も楽なのですが、従来の歯に装置を付けるものとは

異なるので、装着時間が決め手です。装着していただければ、あっという間に

治っていくでしょう。その後、成長促進を行うためにある一定期間

使用し続け、さらに改善させていきます。

術前ムーシールド術前.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用2ヶ月後ムーシールド2ヶ月後.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今晩は

星野ジャパン!!がんばれ!!韓国戦

リベンジ!!

 

 

日付:  カテゴリ:ムーシールド, 反対咬合, 矯正