カテゴリ: 舌側矯正

Dr.Scuzzo STbライトリンガルセミナー Day2

舌側矯正のコース 2日目が終わりました。

今日は1日 講義で、どのように治療を進めるか、

どのようにセットアップ作製し、装置をどのタイミングセットするか、

そして その治療過程の中でのコツ等など。

これから、舌側矯正を始める方にもわかりやすく

ワイヤーの交換のタイミングサイズ等について

細かく説明がありました。

ですが、やはりここまで舌側矯正メジャーになってきたのは

補助装置があったからです。(通常の矯正装置だけでは難しいままですからね!!)

その補助装置について、事細かく解説があり

難症例の方が来た時に、どうしようかと悩むケースが

簡単に治すことが可能になったのです。

ぜひ、日々の診療反映させようと思います。

見えなければ、もっと矯正する方が増えると思いますから!

 

これからも いろいろな勉強会参加し、情報を蓄積しないと!!!

出会ったドクターが多いほど、様々なテクニックが学べますから!!!

 

さ、明日・明後日は 横浜インプラント勉強会!!!

 気を引き締めて、頑張ってきます。

 

日付:  カテゴリ:セミナー, 矯正, 舌側矯正

 

Dr.Scuzzo STbライトリンガルセミナー Day1

舌側矯正セミナーの一日目に行ってきました。

イタリアDr.Scuzzoが来日し、共に舌側矯正装置を開発した

イ-ライン矯正の竹元先生と

ワイヤーベンディングのトレーニングも含めたコースが行われ、

数多くの矯正医が全国から集まってきていました。

以前、私が別のコースを受講した時は、

複雑なケースは唇側で との事でしたが

今現在では、矯正用インプラントが使われるようになり

かなり難しいケースでも治すことが可能になったんですね!!!

明日も、朝からセミナーがありますので、

情報を聞き逃さないように頑張ってきます。

 

 

日付:  カテゴリ:セミナー, 矯正, 舌側矯正

 

七五三 & 勉強会

いよいよ11月

時間が経つのは早いですね。

今年も、残り2か月。どんな日々を過ごすのでしょう。

私は食の秋ではなく、勉強の秋となりそうです。

まずは矯正 

インビザラインの講習会 『適応症の拡大に向けてのワークショップ

見えない矯正 インビザラインアドバンスレクチャー

次に インプラント 

Esthetic  Explorers という私の属するスタディーグループ

Dr. Marcus Beschnidtセミナー』 

インプラント治療に関する外科的補綴的戦略ドイツの最新情報

そして

Academy of Minimaiiy Invasive Implantology』 の

第1回 Research Conference

英語だらけでよくわからない勉強会だと思いますが、

いかに骨造成等を行わず、患者さまに外科的侵収を与えずインプラント手術を行うか

という勉強会の初回です。どのような内容になるか楽しみ!!!

そしてまた矯正

まずは、『Dr. Tom Pitts』によるデーモンシステム アドバンス・コース

美しい矯正と、そのフィニッシングテクニック』という演題で

ライトフォースについて学んできます。

そして、『Dr.Giuseppe Scuzzo』のライトリンガルセミナー

舌側矯正の新しい より複雑な症例メカニックスマイクロスクリュー)について

そして先月の続きの

セレック マスター トレーニングコース

最後にインプラント

私の属するCID clibの勉強会

来年行われる『ITI Congress Japan2009』の予演会となるようです。

日本の中でストローマンインプラントを使用しているユーザーの会合です。

2日間行われ、全国から集まるので忘年会も当日行われます。

様々な意見交換が出来るので楽しみ。

 

長々となりましたが、大変な日々が続きそう...

2・3日休診し、ご迷惑を掛けますが勉強の為です

御理解を

 

で、今日は娘の七五三で、日枝神社に行ってきました。

10・11月と私が忙く、今日しか休みがとれなかったので...

家族にすみません...

 

大勢の家族が七五三に来ていました。

皆、楽しそうでした。昔を思い出しますね。

確か私も 弟と

着物を着て、良い思い出になったかな。

 

 

日付:  カテゴリ:インビザライン, インプラント, セミナー, デーモン, 矯正, 舌側矯正

 

シンプル リンガル システム セミナー

東京コンファレンスセンター 品川にて

Dr. Vittorio Cacciafesta(イタリア)による

舌側歯列矯正治療で用いる2Dリンガル ブラケット

成人矯正患者さんへの有効な活用法

というセミナーがありました。

 

従来の舌側矯正は装置が厚く異物感があり

セットアップ模型を、技工所に発注しなければならない為に

コストがかかり、高い物でした。

しかし、フォレスタデントリンガル ブラケット

装置が薄く、医院にてセットアップが簡単にできる為

コストが従来品に比べ安価に抑えられ、イージーなケースには

もってこいの装置です。

そして、デーモンと同様に結さつ線やゴムを使用しない為に

早く 痛くなく早く動く装置なのです。

使用できるケースは限られていますが、ある特定の抜歯ケース以外は

ほとんど使用でき、ベリーグーです。

 

それにしても朝のラッシュはすごいですね!

いつもは自転車通勤なので久しぶりにラッシュを味わいました。

 

 

日付:  カテゴリ:セミナー, 矯正, 舌側矯正