無痛治療

無痛治療について

無痛治療について

  「麻酔が怖い」注射嫌いな方に対応して、「シリジェット」という「針のない麻酔」を導入しております。従来に比べて痛みも軽減されるため、歯科恐怖症の方や小さいお子様の治療にも最適ですし安心して治療にいらして頂いております。ペンレス(貼付用局所麻酔剤)やシリジェット(無針注射器)にて表面麻酔をかけ、ビブラジェット(注射器補助装置)、オーラスターやワンド(電動注射器)を使用し限りなく無痛の状態で麻酔をかけていきます。もちろん、当院では全ての方にこの方法を採用しております。

ページのトップに戻る

無痛治療

無痛治療

STEP1 《ペンレス》貼付用局所麻酔剤

通常、歯科で使用されているゼリー状の表面麻酔薬では、作用するまでの時間が長く、麻酔薬が唾液で流れ、効果が弱くなりがちです。当院では、皮膚科で使用されているテープ式を使用することにより、唾液によって流れる事がないので、濃度が濃く、短時間で表面麻酔の効果が強く発現します。

無痛治療

SERP2 《シリジェット》無針注射器

従来、注射針により皮膚の中へ麻酔薬を入れますが、表面麻酔が効いていても、この針が体内に入る際に、わずかに痛みを生じさせます。シリジェットは空気圧にて麻酔薬を皮下へ注入するので、針を使用せず、刺入時の痛み・恐怖を与えることなく、麻酔効果が得られます。

SERP3 《33G》ディスポーザブル注射針

シリジェットにより、表面よりも深い部位にまで麻酔が効いたところで、注射針にてさらに麻酔薬を追加します。一般に使用されている注射針より細い針を使用しています。

無痛治療

SERP4 《バイブラジェクト》注射器補助装置

通常の麻酔シリンジに取り付けるだけで、麻酔薬の注入時に振動を与え、無痛注射器になります。表面麻酔も必要なくなります。神経が初めに振動を感じ取り、その後、痛みを伝える事が出来ないという『ゲートコントール理論』によるものです。

無痛治療

SERP5 《ワンド》《オーラスター》電動注射器

オーラスターは、3段階の注入スピードコントロールが付いており、一定速度で麻酔液の注入が可能なため、麻酔を打たれている時の痛みを軽減することができます。また、ワンドは専用の注射針(短い針)を備えており、針のしなりによる痛みもなくなります。(*通常の刺入時の痛みは針のしなりによるものです。)針を刺すのではなく、回転して入れることによりしなりを起こさせません。針の部分が、自由に動くチューブでできており、一定速度で麻酔液の注入と、圧力コントロールが可能なため、刺入時、挿入後の痛みを軽減できます。

無痛治療

ページのトップに戻る