オフィスホワイトニング(オフィスブリーチング)

オフィスホワイトニング(オフィスブリーチング)

【オフィスホワイトニングの方法】

1. 来院後、お口の中が汚れていないか、チェック。その後、歯面清掃(PMCT)を行います。
2. ホワイトニング前の状態を口腔内カメラにて記録します。
3. 漂白する歯の色を確認します。
4. 薬剤から粘膜を保護するために開口器を装着します。
5. 歯肉粘膜保護の為に歯肉保護用ジェルを塗布し、光により硬化させ、歯肉を被覆します。
6. トゥースホワイトニングジェルを歯面に塗布し、7~10分作用させます。
7. 薬を洗い流し、これを2~3回繰り返します。
8. 終了後、歯肉のコーティング材を除去、水洗します。
9. フッ素とハイドロキシアパタイトを塗ります。
10. 開口器を外します。
11. 再度、歯の色を確認します。

【オフィスホワイトニング後の注意点】

歯の表面を覆っている被膜(ペリクル)は、クリーニングやホワイトニングで除去され、12時間から24時間かけて再生されます。再生するまでは色の濃い食べ物、飲み物は控えてください。喫煙は24時間控えてください。

【オフィスホワイトニング材】





メーカー    ULTRADENT社
種類           Opalescence Xtra Boost
成分           過酸化水素38% フッ素・硝酸カリウム配合








メーカー    Discus Dental社
種類           Whitespeed
成分           過酸化尿素35% フッ素・硝酸カリウム配合

【オフィスブリーチングの症例】

オフィスブリーチング前 オフィスブリーチング後

前歯部

前歯部

ページのトップに戻る