3iインプラント

3iインプラントについて

高い適合性と審美性を備えたインプラント治療

3iは1987年に歯周病専門医と治金学・精密加工を専門とする技術者によって共同設立されました。
歯周病専門医は、自らの患者様に今までにない高い適合性と審美性を備えたインプラント治療を行いたいと考えていたのです。
その後1999年、整形外科材料のトップメーカーであるBiomet社との合併を契機に、研究・開発力が強化され、さらに大きく飛躍する基盤が築かれることとなりました。今日、3iはインプラント・アバットメントで業界最大級の品揃えを誇るまでに至り、また再生医療領域へも事業を拡大させています。
その結果、3iは生体組織学的に裏付けのあるインプラントのパイオニアとして知られ、OSSEOTITEは、その微細表面性状とずば抜けた臨床成功率に対して世界から称賛を得ています。

3iインプラントについて

ページのトップに戻る

今までの治療法とは違います

前歯を一本失った場合

従来の治療法(ブリッジ)
両側の健康な歯を削る必要があります。

インプラント治療
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

今までの治療法とは違います

今までの治療法とは違います

奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯)
金属の止め具などに違和感を感じ、見た目もよくありません。
かたいものが安心して食べられません。

インプラント治療
止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

今までの治療法とは違います

今までの治療法とは違います

全ての歯を失った場合

従来の治療法(総入れ歯)
ガタつきがあると安心して食事ができません。
入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。

インプラント治療
自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。

今までの治療法とは違います

今までの治療法とは違います

総入れ歯が安定しない場合

従来の治療法(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
※総入れ歯の場合、顎の骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。

インプラント治療
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

今までの治療法とは違います

今までの治療法とは違います

ページのトップに戻る