インプラント治療の流れ

step1 カウンセリング

step1 カウンセリング

当院のインプラント治療は一度埋入したインプラントを一生使っていただけることをコンセプトに十分な診断、理解、適切な治療に重点を置き行っております。まず初診来院時には、問診表にご記入いただき、検査とカウンセリングを行います。歯を失った状況や、インプラントでどういった回復を求めているかを十分患者さまから伺います。また、インプラント治療インプラント治療についての説明や治療の流れを説明し、患者さまのインプラント治療に対する理解を深めていただきます。

ページのトップに戻る

step2 検査

step2 検査

検査については、全体の咬み合わせを把握するために歯型を取り、模型を作製します。その上で、インプラント治療をする部位に十分骨があるか、骨を作る治療を必要とするか判断するために断層エックス線写真を撮影します。患者さまによってはより詳細な顎の骨の状態を把握させていただくためにCT撮影をさせてただくことがあります。また、重度歯周炎の方についてはリスクの判定および除去のために、インプラント治療後にインプラントが一生使えるようにしていただくことを目的として細菌検査(PCR)も行っております。

ページのトップに戻る

step3 審査・診断に基づいた治療計画の説明

step3 審査・診断に基づいた治療計画の説明

以上の検査結果を基に診断を行い、インプラントを埋入する部位、骨量、骨密度、本数、インプラント埋入時に骨を作ったり歯肉を作ったりする必要があるかなどについて、患者さまにより詳しい治療計画のご説明を行います。また必要に応じて、治療後のシミュレートとして最終的な被せ物を作った模型を用いて、見た目で治療を理解していただくこともあります。これらの説明を行った上で、インフォームドコンセント(十分な説明を理解)が得られてから治療を開始します。

ページのトップに戻る

step4 虫歯や歯周病治療

step4 虫歯や歯周病治療

インプラント治療をしない部位であっても他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていたりすると、せっかく打ったインプラントも長持ちしません。インプラント治療の前には他の歯の虫歯治療や歯周病治療を行います。当院の特徴としては初診時に微細な虫歯を見逃さないためにレーザー式歯面状態認識装置(ダイアグノデント)を、また歯周病に関して歯石の付着や歯槽骨の形態を確認するためにデジタルエックス線写真を用いて詳細な検査を行っております。インプラント治療にはインプラントを支える骨が非常に重要です。虫歯治療や歯周病治療を行った上で、必要に応じてインプラントが長持ちすることを目的として必要に応じて事前に骨を作ったり、歯肉を作ったりする処置を行うことがあります。

ページのトップに戻る

step5 インプラント埋入手術

step5 インプラント埋入手術

インプラント治療は人工歯根(フィクスチャー;ネジのようなもの)を顎の骨の中に埋め込むことから始まります。手術方法には1回法と2回法がありますが、どちらの治療法を選択するかは、お口の中の状態によってよりよい方法を選択することになります。一般的には1回法が主流となっております。

ページのトップに戻る

step6 治癒期間

step6 治癒期間

最短で6週間から8週間ほど待ちます。この期間中は仮歯を入れて治癒を待ちますので、日常生活に支障がありません。ただし、埋入する部位、骨量、骨密度、埋入時の初期固定の程度、骨の造成の有無により下顎で3ヶ月、上顎で4~6ヶ月骨が熟成するのを待つ場合もあります。又、前歯部などの審美部位は仮歯を入れ調整しながら歯肉の形態を作り上げていきます。

ページのトップに戻る

step7 上部構造の印象

step7 上部構造の印象

1回法の場合は、粘膜上に出ているヒーリングキャップ(マンホールの蓋の様な物)を外し、印象用キャップを入れ形取りします。2回法の場合は、粘膜によって隠れているインプラントを簡単な外科手術で出しヒーリングキャップをセットし粘膜が治癒するのを待ちます。この際、奥歯であれば手術中に上部構造の印象をし、粘膜の治癒期間中に上部構造を作製します。

ページのトップに戻る

step8 上部構造のセット

step8 上部構造のセット

上部構造が出来上がったら、咬みあわせのチェックやデザインのチェック、色のチェックなどを行い、患者さまに納得いただけた時点でセットいたします。

ページのトップに戻る

step9 定期健診(メインテナンス)

step9 定期健診(メインテナンス)

インプラントも普通の歯と同じように歯周病になります。その予防として重要なことが治療後の定期健診です。当院では患者さまによっても異なりますが、一般的に3ヶ月に1回のペースで定期健診を行います。内容としては、インプラント治療をした歯はもちろん、他の歯の虫歯や歯周病のチェックに始まり、歯ブラシ指導、全体的なお口の中の清掃といった予防的な処置に重点を置いて行います。チェックの際に虫歯や歯周病が発見された際については、再度、虫歯や歯周病治療を行います。全てはインプラントを一生使っていただけることをコンセプトに行っております。

ページのトップに戻る