矯正の症例

非抜歯

術前

非抜歯

非抜歯

非抜歯

術後

非抜歯

非抜歯

非抜歯

術前 上顎前歯2本が出ており、下顎前歯に叢生が見られる。

術後 上下顎前歯が並び、頬側咬頭頂がきれいなラインに並んでいる。

ページのトップに戻る

叢生

術前

叢生

叢生

叢生

術後

叢生

叢生

叢生

術前 左上側切歯が犬歯の裏に隠れている。

術後 上下左右抜歯する事によりスペースを作り、きれいなかみ合わせへと改善している。

ページのトップに戻る

上顎前突

術前

上顎前突

上顎前突

上顎前突

術後

上顎前突

上顎前突

上顎前突

術前

術後

上顎前突

上顎前突

術前 上顎が前突しているため上唇が出ている。

術後 抜歯後再整列し、上顎臼歯を後方に移動させ、臼歯関係を改善させた。

ページのトップに戻る

下顎前突

成長期ケース

術前

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術後

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術前

術後

下顎前突

下顎前突

術前 上顎は狭く八重歯となっており、下顎は前下方へ出ている。これから成長期ということもあり、抜歯せずに上顎は拡大、下顎は前方への成長を抑制する治療計画を立てた。

術後 上顎は拡大され、受け口や臼歯関係も改善している。

抜歯ケース

術前

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術後

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術前

術後

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術前 本来は、非抜歯で下顎を切り、顔貌の改善も出来た。しかし、患者の社会的立場を考慮。相談の結果、下顎小臼歯抜歯を行い改善を行う事となった。

術後 僅かながらに顔貌の改善が見られ。歯列の受け口は改善された。

骨きりケース

術前

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術後

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術前

術後

下顎前突

下顎前突

下顎前突

術前 下顎および下顔貌が出ている。顔貌の改善も求めているため、骨きりを行う事となった。

術後 下顎が後退し前歯部の被蓋が改善されている。

ページのトップに戻る

上下顎前突

術前

上下顎前突

上下顎前突

上下顎前突

上下顎前突

上下顎前突

 

術後

上下顎前突

上下顎前突

上下顎前突

上下顎前突

上下顎前突

 

術前 口元が突出し歯ぐきが前に出ている。

術後 上下左右小臼歯・親知らずを抜歯する事により、口元がさがり歯列全体がさがっている。

ページのトップに戻る

開口

術前

開口

開口

開口

開口

開口

術後

開口

開口

開口

開口

開口

術前 最後臼歯のみ咬合しており舌を咬む習癖のために小臼歯より前方は接触していない。また、前歯が突出している。

術後 下顎左側小臼歯が欠損しているため上顎小臼歯2本、下顎小臼歯1本を抜歯する事により咬合関係と前突を改善した。

ページのトップに戻る

オルソンインプラント

埋入後

移動前移動後

オルソンインプラント

オルソンインプラント

オルソンインプラント

埋入後 本来、第一小臼歯を抜歯するが、この患者の場合第二大臼歯が保存不可能なため、抜歯後、臼歯群を全てオルソインプラントを使用し後方へ移動させる計画を立てた。正中口蓋縫合の左右にオルソインプラントが埋入されている。

移動前 オルソインプラントと左右第一小臼歯がバーによって連結されている。まだ、第二小臼歯と第一大臼歯の間にスペースはない。

移動後 第二小臼歯と第一大臼歯の間に6~7mmのスペースができてきている。

ページのトップに戻る

限局矯正(LOT)

術前

術後

限局矯正(LOT)

限局矯正(LOT)

術前 左側下顎前歯1本が前に突出し、口唇に強く当たるため抜歯し、3本で歯列の調和をとる事となった。

術後 抜歯したスペースは消え自然な歯列へと変化した。

ページのトップに戻る